ほくろ レーザー 痛み

ほくろ除去のレーザー手術は痛みを伴うの?

ほくろのレーザー治療時の痛みについての質問は多いようですね。

 

基本的に小さいほくろは患部に麻酔クリームを塗ったり、専用の麻酔テープを貼ったりしてから行われるので、痛みはほとんど感じないはずです。

 

そこはメスを入れるような手術ではありませんので、恐怖を感じるほどの痛みではないでしょう。

 

よくゴムでパチンと弾かれたような痛みと表現されますが、なんとなくしびれるようなジンジンとした感覚があるだけで終わります

 

施術自体10数分程度です。

 

 

処理するほくろの数が多い人や大きい人、使われるレーザーの種類によっては患部に麻酔注射を打つ場合もあります。

 

この麻酔注射が痛いという人は多いですね。

 

痛みの感じ方は個人差が大きいですが、これはほくろの根本に針を打つわけですからほくろの位置にもよるでしょう。

 

例えば頬や顎といった場所と目の下などの場所では感じ方も恐怖感も違うはずです。

 

チクっとする程度に感じる人もいれば、かなり痛かったという人もいます。

 

 

レーザーで焼いている間は当然痛みはなく、焦げ臭いにおいがします。

 

術後は化膿止めの軟膏を処方されますが、相当大きなほくろでない限り、痛み止めなどが必要になるようなケースはないでしょう。

 

 

除去を希望するようなほくろはほとんどが顔にあるほくろですから、顔に麻酔を打ったりレーザーで焼いたりするのは実際の痛みとは関係なく恐怖心が痛みを生みやすいですね。

 

子どもでも可能な手術ではありますが、悪性のものでない限りはこの心理的な要因も含めてあまりおすすめは出来ません。

ほくろ除去の総合情報

<スポンサードリンク>

ほくろ除去のレーザー手術は痛みを伴うの?関連ページ

ほくろの除去は保険の適用外なの?
ほくろを除去するための費用は、放置しておくと健康に害が出る病気だと判断された場合は、保険が適用されますが、単なる美容目的による費用については、保険の適用外で全額自己負担となります。
ほくろの除去に液体窒素を使うの?
ほくろの除去には通常、レーザー治療や切除するという方法が取られますが、液体窒素で焼くという方法が取られることもあります。ただし、ほくろが良性のものである場合に限られます。
レーザーで除去する料金はどれくらい?
ほくろをレーザーで取り除く場合の料金は、使用されるレーザーの種類やクリニックによっても異なります。ほくろの大きさによって料金を変えているところが多く、大きさによる基準額×個数で計算されるようです。
レーザーで消したのに再発してしまった!
ほくろを消すためのレーザー手術はほくろの表面だけを取り除くため、ほくろの色素が奥深い場合は再発することも少なくなく、術後3ヶ月程度で再発してしまうことも多いようです。
ほくろ除去のレーザー手術は保険適用?
ほくろ除去のためのレーザー手術は一般的には保険が適用されませんが、病変の可能性がある場合やほくろによって精神的なダメージがある場合は保険が適用される場合があります。

トップページ 顔のほくろ 唇のほくろ 手足のほくろ ほくろの除去 ほくろ占い