ほくろ レーザー 保険

ほくろ除去のレーザー手術は保険適用?

ほくろをレーザーで除去する場合、それが手術が必要な病変であると診断されれば保険適用が可能です。

 

この必要性なのですが、ほくろがあることで日常生活に支障が出たり、思い悩んで生活の質が落ちたりすることも病変と判断することも出来るため、悪性腫瘍などの重篤なものでなくても保険適用となる場合もあります。

 

ただし、保険適用とするためには認められた施設で、認められた機材や器具、材料、方法などを使う必要があります。

 

違うものを希望する場合には自由診療となりますので頭に入れておきましょう。

 

炭酸ガスレーザーは保険適用のレーザー治療ですが、あまり深くレーザーをあてることは出来ませんので、ほくろは再発の可能性があります。

 

小さいものであれば対処可能ですが、小さくても隆起しているものに関しては悪性でないかどうかの検査も行われるのが一般的です。

 

ほくろが大きいと削った皮膚が厚くなって痕が残ったり、ケロイドが発生したりするリスクが高くなります。

 

術後3ヶ月から6ヶ月くらいたたないと判断はつきませんが、レーザーであれば跡形なくすっかりキレイに治ると思い込んでいるのは誤りです。

 

 

レーザーは、皮膚を焼却する施術ですので、まったく肌に影響を与えずキレイに治るものではありません。

 

これは保険適用だろうが適用外だろうが関係ありません。

 

結果的に目立たなくなったとすれば良いですが、リスクは頭に入れておきましょう。

 

保険適用だと痕が残って自由診療ならキレイに治るということもありません。

 

成功率を上げるためにはレーザーの専門知識を持った信頼出来るクリニックを選んでください。

ほくろ除去の総合情報

<スポンサードリンク>

ほくろ除去のレーザー手術は保険適用?関連ページ

ほくろの除去は保険の適用外なの?
ほくろを除去するための費用は、放置しておくと健康に害が出る病気だと判断された場合は、保険が適用されますが、単なる美容目的による費用については、保険の適用外で全額自己負担となります。
ほくろの除去に液体窒素を使うの?
ほくろの除去には通常、レーザー治療や切除するという方法が取られますが、液体窒素で焼くという方法が取られることもあります。ただし、ほくろが良性のものである場合に限られます。
レーザーで除去する料金はどれくらい?
ほくろをレーザーで取り除く場合の料金は、使用されるレーザーの種類やクリニックによっても異なります。ほくろの大きさによって料金を変えているところが多く、大きさによる基準額×個数で計算されるようです。
レーザーで消したのに再発してしまった!
ほくろを消すためのレーザー手術はほくろの表面だけを取り除くため、ほくろの色素が奥深い場合は再発することも少なくなく、術後3ヶ月程度で再発してしまうことも多いようです。
レーザー手術は痛みを伴うの?
ほくろを除去するためのレーザー手術も麻酔クリームなどを使って痛みを感じないように行いますが、痛みなどの感覚はないもののジンジンと痺れる感覚を感じる方は多いようです。

トップページ 顔のほくろ 唇のほくろ 手足のほくろ ほくろの除去 ほくろ占い