ほくろ 液体窒素

ほくろの除去に液体窒素を使うの?

ほくろの除去には通常レーザー治療や切除して縫合する方法が取られますが、イボなどの治療に使われる液体窒素で焼くという方法が一部行われているようです

 

通常は、ウイルス性のイボなどを凍結して壊死させるために液体窒素を使用するのでほくろにはあまり用いられていませんが、小さいものであればほくろを除去することも可能なようです。

 

ただし、これはほくろが良性のものである場合に限りますので、皮膚がんの一種のようなほくろの場合や、その判別がつかない状況では行えません。

 

ただのほくろだと思って表面上除去したとしたら、がんが進行して取り返しのつかない状況になる可能性があるからです。

 

 

液体窒素はマイナス196度ですので、皮膚に押し付けると皮膚が焼けてただれます。

 

やがてかさぶたになって治癒するのですが、表面にのみある色素であれば、表皮と一緒に焼けて消失します。

 

凍傷と同じですので、痛みは非常に強いです。

 

面積が広い場合はかなり痛みを伴うでしょうが、麻酔をかけるほどの痛みではありません。

 

通う必要がある場合は1週間ごとに状態を確認しながら行います。

 

 

基本的に、液体窒素による施術は突起物に対する治療なので、隆起しているほくろが対象となります。

 

気になるのは液体窒素による液体凝固法自体がメラニン色素の色素沈着を起こす治療法なので、取り残しなどがあり何度も施術すると逆にあらたな色素沈着を起こすのではという懸念です。

 

また、皮膚表面に留まっていれば良いですが、真皮にまで及んでいる場合にはメスでなければ完全切除は出来ません。

ほくろ除去の総合情報

<スポンサードリンク>

ほくろの除去に液体窒素を使うの?関連ページ

ほくろの除去は保険の適用外なの?
ほくろを除去するための費用は、放置しておくと健康に害が出る病気だと判断された場合は、保険が適用されますが、単なる美容目的による費用については、保険の適用外で全額自己負担となります。
レーザーで除去する料金はどれくらい?
ほくろをレーザーで取り除く場合の料金は、使用されるレーザーの種類やクリニックによっても異なります。ほくろの大きさによって料金を変えているところが多く、大きさによる基準額×個数で計算されるようです。
レーザーで消したのに再発してしまった!
ほくろを消すためのレーザー手術はほくろの表面だけを取り除くため、ほくろの色素が奥深い場合は再発することも少なくなく、術後3ヶ月程度で再発してしまうことも多いようです。
ほくろ除去のレーザー手術は保険適用?
ほくろ除去のためのレーザー手術は一般的には保険が適用されませんが、病変の可能性がある場合やほくろによって精神的なダメージがある場合は保険が適用される場合があります。
レーザー手術は痛みを伴うの?
ほくろを除去するためのレーザー手術も麻酔クリームなどを使って痛みを感じないように行いますが、痛みなどの感覚はないもののジンジンと痺れる感覚を感じる方は多いようです。

トップページ 顔のほくろ 唇のほくろ 手足のほくろ ほくろの除去 ほくろ占い