ほくろ 除去 費用

ほくろの除去費用は保険の適用外なの?

ほくろを除去する費用は、保険が適用される場合と適用外の場合があります

 

基本的に放置しておくことで健康被害が出る病気と診断された場合は保険適用となりますし、単なる美容目的であれば自由診療となり全額自己負担となります。

 

手術の手法はさほど変わらないですが、悪性黒色腫などの場合は他に転移のないよう注意する必要がありますし、周りの組織も除去する必要がありますので内容が変わります。

 

また、ほくろのある位置や大きさによっても条件は異なりますし、病院によっても差がありますので一概には言えません。

 

 

あくまでも目安としては、直径が2cm程度のものなら自由診療で3万円ほど、保険が適用となればその3分の1で1万円になるとも言われます。
4cmほどになると自由診療で5万円ほど、保険適用なら3分の1で1万5千円ですね。

 

ほくろ1個につき費用がかかりますので、取る数分だけ加算されます

 

メスで除去する必要があるのか、レーザーで除去するのかによっても異なりますし、同じレーザーでも機材の種類によっても変わりますのでクリニックをひとつひとつ確認するしかないでしょう。

 

比較的美容皮膚科の施術のほうが高くなる傾向にあります

 

 

中には、ほくろのあることで日常生活に支障が出たり、思い悩んで生活の質が落ちることを病的と判断して保険適用とする皮膚科もあります。

 

クリニックによりますので問い合わせてカウンセリングを受けないことにはわかりませんね。

 

炭酸ガスレーザーなどは条件を満たせば保険対応となりますので、レーザー治療がすべて適用外というわけでもありません。

ほくろ除去の総合情報

<スポンサードリンク>

ほくろの除去費用は保険の適用外なの?関連ページ

ほくろの除去に液体窒素を使うの?
ほくろの除去には通常、レーザー治療や切除するという方法が取られますが、液体窒素で焼くという方法が取られることもあります。ただし、ほくろが良性のものである場合に限られます。
レーザーで除去する料金はどれくらい?
ほくろをレーザーで取り除く場合の料金は、使用されるレーザーの種類やクリニックによっても異なります。ほくろの大きさによって料金を変えているところが多く、大きさによる基準額×個数で計算されるようです。
レーザーで消したのに再発してしまった!
ほくろを消すためのレーザー手術はほくろの表面だけを取り除くため、ほくろの色素が奥深い場合は再発することも少なくなく、術後3ヶ月程度で再発してしまうことも多いようです。
ほくろ除去のレーザー手術は保険適用?
ほくろ除去のためのレーザー手術は一般的には保険が適用されませんが、病変の可能性がある場合やほくろによって精神的なダメージがある場合は保険が適用される場合があります。
レーザー手術は痛みを伴うの?
ほくろを除去するためのレーザー手術も麻酔クリームなどを使って痛みを感じないように行いますが、痛みなどの感覚はないもののジンジンと痺れる感覚を感じる方は多いようです。

トップページ 顔のほくろ 唇のほくろ 手足のほくろ ほくろの除去 ほくろ占い