ほくろ 除去

ほくろとがんの見分け方をマスターして早期発見!早期治療!!

人間であれば必ず体のあらゆるところにあるほくろですが、皆さんは体に平均いくつのほくろがあるかご存知ですか?

 

個人差はあるので一概には言えないのですが、平均で30個〜40個ほくろがあると言われています。

 

 

もちろん、ほくろは命の危険を生じるものではないので、気にしてほくろ見る方は少ないと思いますが、実はほくろを放置していると命を落としてしまう危険性があるのです。

 

体にあるほとんどのほくろは特になにか害を与えるものではありませんから、気になる箇所にほくろが出来ていればレザー治療でほくろを除去してしまう方もおられるようです。

 

 

しかし、ほくろに見えていた黒いものが実は皮膚がんである可能性も否定できません。

 

毎日ほくろを見ていたり、触っていたりすればその異常に気付く事もあるかもしれませんが、たまに何気なく見る程度であれば皮膚がんに気付かないのです。

 

放置していると、その部分が痛くなったり、出血したり、膿んでいる臭いがしたりするので、その段階になって気がつき、病院を受診される方も多く、残念ながらそこまでがんが大きくなってしまうと、がんが他の部分に転移していたり、ほくろより広範囲の部分を切除したりと完治するまで時間がかかります。

 

 

がんは早期発見、早期治療が根治の最大要因で、少しでも処置が遅れてしまうと、手術が出来なかったり、手術をしてもがんを再発する危険性が高まってしまうのです。

 

ほくろとがんを見分ける方法としては、ほくろが成長していないか否かです。

 

子供の頃のほくろが成長によって大きくなるのは問題ありませんが、1ヶ月〜3ヶ月の間に成長したり、出血したり、痛みを生じる場合は皮膚がんである可能性が高いため早めに皮膚科を受診しましょう。

ほくろの除去方法は大きく分けて2種類!レーザー除去がオススメ!

小さなほくろや体にあるほくろはあまり気にならないので、ほくろの除去をしようと思う方は少ないかもしれませんが、顔のきになる部分にあるほくろや大きなほくろはメイクやオシャレの邪魔になるので除去したいと思う方も多いのではないでしょうか?

 

ほくろを除去するには3種類の方法が最近ではレーザー除去手術をする方が多いようです。

 

3種類のほくろ除去の方法をご紹介いたしますので自分にあった除去方法を選ぶようにしましょう。

 

ほくろをメスを使って除去する方法

ほくろが皮膚がんの場合やほくろの組織が根深い場合などに用いられる方法で、一昔前まではほくろ除去手術と言えばこの方法しかありませんでした。

 

手術は皮膚を切開しほくろの部分を取り除き、縫合する切除縫合法が一般的ですが、ほくろの組織が根深い場合はくり抜き法と言って、スイカをスプーンでくり抜くような感じの方法で行われる手術の場合もあります。

 

どちらにせよ、皮膚を切開することは変わりませんので、手術後が残ってしまう可能性があり、リスクも生じてしまうのです。

 

ほくろをレーザーなどで除去する方法

美容外科や皮膚科で最近一般的になっている方法です。

 

レーザー除去治療やQスイッチレーザー除去法など、メスを使わないほくろの除去手術も研究開発が行われており、日々皮膚や患者に負担がかからない方法が取り入れられています。

 

ほくろ除去クリームで除去する方法

最近では漢方薬が配合されている、ほくろ除去クリームが大変人気です。

 

ほくろをレーザー除去するとなると、手術費が数十万円と経済的にも負担が大きいため、安い金額で自宅に安心して行えるということが人気の秘密なのかもしれませんね。

 

即効性は無く、地道にクリームを塗りこむことで少しずつ色が薄くなり、最終的にはほくろが消えているという体験をした方もいらっしゃるようですが、効果には個人差があるようです。

 

当サイトでは、記載の内容を補償するものではありません。
ほくろ除去については専門医にきちんと相談しましょう!

ほくろ除去の総合情報

<スポンサードリンク>

トップページ 顔のほくろ 唇のほくろ 手足のほくろ ほくろの除去 ほくろ占い